都城地区・宮崎・鹿児島・建築塗装全般 塗りカエル 森茂塗装 ( もりもとそう )

「トウペ」について

◎トアスカイコートシャネツシリーズについて

「トアスカイコートシャネツ」のおすすめポイント!

(株)トウペの商品で高日射反射率塗料の総称です。
塗料の種類はウレタン、シリコン、ハルスハイブリット、フッ素とあり、専用の下塗り塗料に水性セラミック層を形成するMOという商品があります。
シャネツシリーズ全ての商品が高い高日射反射率を発揮します。
夏場の高い室内温度を下げたい、熱中症対策、冷房効率を上げたい、電気代を削減したいなどのお悩みを解決できる商品です。

トアスカイコートシャネツシリーズ
効果1

図説

高い日射反射率塗膜が屋根表面の温度上昇を抑制します。 トアスカイコートシャネツシリーズの保有する高い日射反射率は、太陽光の赤外線を最大限に反射します。従って、夏期の日中には最大65~75℃まで上昇する屋根表面温度を20~25℃低減させる効果があります。

効果2

屋根表面温度の上昇抑制により屋根裏面温度の上昇も抑制します。 高い日射反射率にて太陽光の赤外線が反射され、屋根基材の温度上昇が抑制されることにより屋根裏面温度の上昇も抑制されます。熱伝導率の高い鋼板では、10~20℃、熱伝導率の低い波形スレートでも5~15℃の屋根裏面温度を低減させる効果があります。

効果3

夏場、高日射反射率塗料が施工されていない屋根の場合は、日中に温度上昇した屋根や屋根裏の断熱材、空気層、天井材(吊天井材)に伝わる輻射熱が軽減され、その結果、室内空間の温度上昇も抑制され、2~4℃の室内温度抑制効果があります。

効果4

エアコンの設定温度を1℃上げ下げすることにより、約10%の電気代が増減するといわれています。つまり、一般屋根から伝わる輻射熱により温度上昇する室内空間より、高日射反射率塗料で塗装され、輻射熱が伝わりにくい室内空間のほうが、明らかに空調(冷房)の効率化が図れます。
高日射反射率塗料は屋根基材の保護と延命効果に加え、空調光熱費の削減に貢献します。

効果5

図説

夏期の空調電気量が低減すれば、それにみあうCO2排出量を削減することに繋がります。又、外部への空調排熱量が抑制されるため、都市部のヒートアイランド対策にも寄与します。

参考:CO2排出原単位:0.372kg-CO2/kWh(東京電力2005年度実績より)
杉の木1本あたりのCO2吸収量は、1年で平均して約14kgとしています
(「地球温暖化防止のための緑の吸収源対策」環境省/林野庁より)